就職JYOHO,tenshoku情報

就職・転職の成功は正しい情報入手から < Kawa navi >

人材開発 新入社員

ゆとり世代VSコーチング

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

「“教えてもらうのが当たり前”と思っている新入社員が今年は一層多い」と、多くの人事担当者が口を揃えます。「俺の背中を見て育て!」「先輩の真似をしろ!」は、もはや通用しない世の中になってきているということでしょう。一方的なティーチングが成立しないのであれば、コーチングの登場になります。

ティーチングは、小学校の先生と生徒の関係に例えられます。圧倒的な知識と経験を持つ人物が、一方的にスキル、ノウハウを伝授する育成法で、業務知識・経験が全くない新入社員に対してティーチングをすることは、極めて有効です。しかし、入社当初だけではなく、2年も3年もこの手法を取ると、どうなるか・・・・

  • 若手社員が思考停止する
  • 若手社員がやらされていると感じながらつまらなく仕事をする

など、若手社員の早期離職につながるケースも少なくありません。

そこで、コーチングです。職場におけるコーチングとは、『上司と部下の信頼関係を前提として、部下が自分で考えて行動する能力を、上司が対話を通じて引き出す育成法』です。もう少し狭義で言えば、『部下の思いや考えを明確にするために上司が実施する質問技術』のことを指します。『会話を通した部下指導法』とも言えるでしょう。

コーチングの代表的な会話モデルにGROWモデルがあります。GROWは成長するという意味であるとともに、コーチングの基本的なプロセスを示す下記キーワードの頭文字を並べたものとなっており、この順番で質問・確認していけば、コーチング初心者でも、うまく部下を導くことができるというものです。

  • Goal:目標・目的の設定・明確化
  • Reality:現状の把握・明確化
  • Resource:資源の発見
  • Options:選択肢の創造
  • Will:目標達成の意志

まずは、目標の明確化(Goal)です。自分が望む状態を目標としてゴール設定します。「その行動は何のためにしていますか?」「あなたの手に入れたいものは何ですか?」といった質問がそれにあたります。そして次に現状認識(Reality)です。目標と現状の差、すなわちギャップがそのまま課題となります。目標と現状を正確に把握することで、目標達成のために必要となる行動が明確化されます。

そして、目標達成のために使える資源(Resource)探します。「これまでの成功事例で、この課題に応用できることはありますか?」「本件について、あなたを援助してくれる可能性がある人はいますか?」など。さらには、選択肢(Options)も提示します。できれば、3つ以上の選択肢を提示するべきだと言われています。選択肢がない(少ない)と、人はやらされていると感じてしまいます。できるだけ多くの選択肢を提示して、部下に自主的に選んでもらいます。「相手の立場に立って考えてみると、どうしてほしいと思うでしょうか?」などと、視野を広げるような質問をすることも重要でしょう。

最終的には、部下が自分の行動を自分で決めるように導きます。もちろん、いつ、誰と、どのように行動するか確認します。最初に何をするのか、進捗確認はするのかしないのか。コミットメントです。

“ゆとり世代”の社会人教育にお困りでしたら、まずこのGROWモデルをお試しいただくと良いかもしれません。自ら動くことが少ない世代と言われていますが、吸収力がある世代なので、GROWモデルは響きます。





-人材開発, 新入社員

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人材を人財と呼ぶ会社は従業員教育熱心だが・・・

「資格試験に合格する」ではなく、自己啓発としてビジネスパーソンは学習する必要があるのでしょうか。大会社だと、人材開発部とか教育部と名言って従業員教育を進めるセクションが存在します。中小企業でも、経営者 …

なぜ中途採用社員は即戦力化しないのか?!

第二新卒をはじめとして中途採用、つまり経験者採用が活発化してきています。年功序列の終身雇用制度がなくなりつつあり、また退職金を設定しない企業も増えてきたことから、従業員にとって転職しやすい環境になって …

「人間、ハタチを超えたら変わらない」のか?!

「人間、二十歳を超えたら変わらない・・・」 「原付のエンジンでは、高速道路は走れない・・・」 人は行動を変えることができるのでしょうか。人材育成の一つのゴールに行動変容というものがあります。行動変容は …

目標設定が下手な企業の先行きは暗い

目標設定は、企業としての戦略の象徴であり、社員に対する人材育成の手段の一つです。それにもかかわらず、近年、非現実的な目標を設定する企業や部門が目についています。 例えば、Aという商品をBという市場に対 …

人は何年経ったら成長するのか?!

人は何年努力すれば、高いレベルの知識やスキルを獲得することができると言われていると思いますか? 熟達化研究の第一人者であるフロリダ州立大学教授エリクソン氏は、10年にわたる練習や経験が必要だとしていま …

気になる企業名を入力してください。

倒産,ブラック,不祥事,行政処分,代表逮捕…
気になる企業名を入力してください ↓

気になる企業名を入力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。