就職JYOHO,tenshoku情報

就職・転職の成功は正しい情報入手から < Kawa navi >

危ない会社

反社会的勢力データベースは現実的ではない?!

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年10月1日に東京都で「東京都暴力団排除条例」が施行され、暴力団との取引自体が問題になったことをはじめ、2012年10月30日には組員が不当な要求をすれば直ちに逮捕できることを定めた「改正暴対法」が施行されるなど、反社排除の気運が高まっています。

2012年の「暴排条例」施行後、反社会的勢力との取引中止は銀行も例外ではなく、融資先および預金顧客の調査を迫られました。預金顧客のなかで明らかに暴力団関係者であるとされた人物に対しては、「解約のお願い」を行った例もあります。しかし、銀行はすべての暴力団関係者を把握できるわけではありません。

そこで、全国銀行協会は、2010年4月から同協会内で行っている反社会的勢力の情報共有データベースの構築、会員行へ情報提供の仕組みを強化すべく、警察庁との連携を模索していました。なぜならば、この全銀協データベースは、新聞・官報などの公開情報を元に構築されているデータベースで、余りにも弱かったのです。しかし、警察庁が保有している反社会的勢力データベース(構成員情報)と連携することができれば、アングラマネーを銀行口座から排除することが可能というわけでした。警察庁側も計画に賛同し、2014年度からの連携を目指していました。

しかし、その後、データベース連携計画が延期となったことが判明しています。理由は、その連携にかかる費用負担です。現在、金融機関には3億数千の口座があると言われています。それら一つ一つを照会するシステムや、それに加え、新規の口座開設依頼が来た際にタイムラグなく“シロ・クロ”判断するシステムを構築するには莫大な費用がかかります。「一応、延期という形を取っていますが、事実上中止です」と全銀協関係者は言っていました。一方で、日本証券業協会は2013年度から、警察庁とのデータベース連携をスタートしています。「証券口座は2000万口座台と言われています。監視する口座が多ければその分、費用がかかるのを理解して欲しい。」(全銀協関係者)

また、「自行の口座で数十、数百と反社会的勢力に関連する口座が発見されたら、実際の実務として対応できない」(銀行員)という本音も聞こえてきます。口座解約には、費用も時間も人材も必要であり、しかも業績に関係ない(むしろ、利益のことだけ考えたらマイナス)の業務に対して後ろ向きなのでしょう。

金融機関は、当面、現行のデータベースと都道府県の警察との連携によって暴排を進めることにしています。つまり、当面、銀行口座から反社会的勢力が、本格的に、全面的に、閉め出されることはないということと同義なのかもしれません。





-危ない会社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どうなる?!ギャンブル依存症対策

パチンコホールの健全化が呼びかけられて久しいですが、一番のハードルは、ギャンブル依存症防止策が確立できるか否かです。実のところギャンブル依存症の定義自体がグレー(医学的根拠など明確な根拠で依存症を認定 …

”格安”のしわ寄せは、サービス?従業員?

“格安”の海外旅行パックを売りにしていた旅行会社てるみくらぶが破産しました。一般旅行者に対する債務は約3万6,000人に対して100億円以上とみられており、今後、入金済み旅行者を中心として混乱は一層広 …

実はプロ野球球団で破産した企業も

2012年3月、プロ野球チームの運営企業(正確に言うと、元経営)が、裁判所から破産手続き開始決定を受けています。もちろん、プロ野球チームの運営企業と言ってもセ・リーグ、パ・リーグに所属する12球団の運 …

内定承諾する前に…その企業、過去に倒産してませんか?(2017年)

企業には、倒産歴があるという事実を公表する義務はありません。過去、民事再生法や会社更生法の適用を申請し再建を図った企業をみると、一度倒産したという事実をホームページ上で公表している企業もあれば、全く公 …

ブラック企業VS労働基準監督署(下)

労働者の告発が実を結ぶためには こういった労基署の立ち位置を知らずに、労働者が労基署にタレ込んだとしても、社内でタレ込んだ犯人捜しが始まるだけで、何も変わらない可能性が高いと言えます。その上、タレ込ん …

気になる企業名を入力してください。

倒産,ブラック,不祥事,行政処分,代表逮捕…
気になる企業名を入力してください ↓

気になる企業名を入力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。