就職JYOHO,tenshoku情報

就職・転職の成功は正しい情報入手から < Kawa navi >

選考 面接

商社に入社するために、英語は必須か?!

投稿日:2017-03-13 更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

学生の就職先として商社は相変わらず根強い人気があります。「グローバルに活躍したい!」という想いからか、それとも魅力的な待遇に惹かれるのか。商社が実施する会社説明会には長蛇の列ができています。

そこで、希望者の誰もが抱く疑問は「現時点で英語ができないと入社できないのか?」、もっと現実的には「TOEICスコアがいくつだったら大丈夫なのか?」ということです。社会人採用、中途採用の場合、募集要項の必須条件や歓迎条件として「TOEICスコア〇〇以上」と明記されているケースが多いですが、新卒採用の場合、明記されていないケースの方が多いです。

例えば、伊藤忠商事の募集要項(2017年度)は以下の通り。

  1. 2018年6月までに四年制大学又は大学院を卒業又は卒業見込みであること。
  2. 当社の現役役員・社員の子女・兄弟姉妹でないこと。
  3. 正社員としての職歴がないこと。

それに対し、同社グループの中途採用の募集要項の一例は以下の通り。

  1. 語学力(TOEICスコア700点以上)
  2. 英語での交渉経験のある方

もちろん、新卒採用でも、TOEICスコアが高い方が印象が良いのは間違いありません。ただし、どこの商社の採用担当も「英語力より、コミュニケーション力。入社してからでもなんとかなるのは、英語力の方」と口を揃えています。英語については、入社してから本人が習得しようという意気込みがあればよいという商社が多いのが実情です。英語ができるからといって商社に入社できるわけではなく、英語ができないからといって商社に入社できないわけでもありません。

グローバルに事業を展開している商社の採用担当は、より幅広い人材を採用したいと思っています。少しでも商社に興味を持っているのであれば、英語力の有無にかかわらず、エントリーしてみるのをお勧めします。





-選考, 面接

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新聞を読まない学生の選考担当は“日経新聞必読世代”

日本経済新聞社が5月に公表した「日経新聞電子版の有料会員数」は約54万人、無料登録会員を合わせた会員総数は約350万人でした。2010年3月23日の配信開始から約7年、紙媒体の朝・夕刊掲載記事のほか、 …

卸小売業界、面接ではこれを聞く!ここを見る!!

大手企業から個人事業主まで・・・・メーカーを小売りが直接取引を始めた流通改革や、インターネット販売の増加など、卸小売業者を取り巻く環境は、近年大きく変化してきています。企業はそれに適応すべく変化しよう …

IT業界、面接ではこれを聞く!ここを見る!!

書類選考、適性検査を無事パスすると、次はいよいよ面接となります。「面接対策マニュアル」読んでいる人も多いと思いますが、最終的には個々の会社、個々の面接官に依存することが多いので、なかなかマニュアルを覚 …

製造業界、面接ではこれを聞く!ここを見る!!

書類選考、適性検査を無事パスすると、次はいよいよ面接となります。「面接対策マニュアル」読んでいる人も多いと思いますが、最終的には個々の会社、個々の面接官に依存することが多いので、なかなかマニュアルを覚 …

面接で必ず聞く質問は!?

面接の最後に「何か質問ありますか?」と面接官から問いかけている会社が非常に多いです。というよりも、ほとんどの会社で「何か質問ありますか?」と聞いています。ここ数年の学生の傾向では「入社までに何を勉強し …

気になる企業名を入力してください。

倒産,ブラック,不祥事,行政処分,代表逮捕…
気になる企業名を入力してください ↓

気になる企業名を入力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。