就職JYOHO,tenshoku情報

就職・転職の成功は正しい情報入手から < Kawa navi >

危ない会社

太陽光発電事業の実態は?!

投稿日:2017-10-17 更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

「問題が発生することには、我々はもう会社にいないよ。太陽光パネルは儲かる商材だから積極的に手を出しても構わないのではないか。」これは、今から約5年前、某大手リース会社の役員会で飛び交った言葉です。また、固定価格買取制度が先行き不透明になった後も「太陽光発電事業への投資が成功だったか失敗だったかは20年後にならないとわからない。よって、事業は継続に決まっている」とのやり取りが交わされていたといいます。

そもそも、電力会社の固定価格買取制度がスタートした当時から、リース会社の担当者の間では、太陽光パネルという商材は“究極の無責任商材”なのではないかという話が出ていました。というのも、買取保証期間20年で、そのうち「10年は大規模なメンテナンスがいらない」などと、言われていましたが、実際に始まったばかりのシステムであり、地震、台風といった自然災害が多い日本において、本当に15年、20年とシステムが持つか否かは誰にも分からない状態であったのです。想定に反して、毎年メンテナンスをしていく必要が出るかもしれません。特に、値段の安さに惹かれ、中国等、海外メーカーのシステムを導入した場合は注意が必要です。統一基準がないためシステムの期待寿命も客観的視点に基づいたものではありません。日本メーカーであれば保証期間も長いですが、海外メーカーはどこまで本当に保証されるかが、不明瞭です。そもそも、何年後かには、その会社がなくなっているかもしれません。

また、通常、リース物件は3年や5年の契約が多いのですが、このシステムは政府保証が20年付いているのと同等という観点から、15年のリース契約となることが一般的です。「国債ですら10年で長期なのに、成功するかどうかもわからないシステムをリース契約するのは自殺行為」とリース会社の与信管理担当は、当時から警鐘を鳴らしていましたが、経営陣の耳には全く届かなかったようです。

当初から太陽光発電に積極的であった大手リース会社では少なくとも2000億円以上、その他の大手リース会社でも1000億円程度投資しているとみられます。今後、これらの責任問題が出てくる可能性があるのですが、冒頭の役員会の様子が表している通り、収入が完全にストップしない限りは責任の追及を逃れることができると、経営陣は思っているのかもしれません。
「逃げ切れる!」この個人視点この上ないセリフが飛び交う状況に不安は増すばかりです。

 

失敗しない就職活動の第一歩は、できるだけ多くの人から話を聴くこと・・・
ビズリーチ・キャンパスは「同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト」です。
将来のことを考え始めるタイミングで、母校の気になる先輩に話を聞いてみませんか。





-危ない会社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実はプロ野球球団で破産した企業も

2012年3月、プロ野球チームの運営企業(正確に言うと、元経営)が、裁判所から破産手続き開始決定を受けています。もちろん、プロ野球チームの運営企業と言ってもセ・リーグ、パ・リーグに所属する12球団の運 …

ブラック企業VS労働基準監督署(下)

労働者の告発が実を結ぶためには こういった労基署の立ち位置を知らずに、労働者が労基署にタレ込んだとしても、社内でタレ込んだ犯人捜しが始まるだけで、何も変わらない可能性が高いと言えます。その上、タレ込ん …

内定承諾する前に…その企業、過去に倒産してませんか?(2013年)

毎年1万社程度の企業が通常の経済活動からドロップアウトしています。つまり、倒産するということです。倒産には、破産や特別清算といった企業自体が消滅する手続きがある一方、民事再生法や会社更生法といった企業 …

どうなる?!ギャンブル依存症対策

パチンコホールの健全化が呼びかけられて久しいですが、一番のハードルは、ギャンブル依存症防止策が確立できるか否かです。実のところギャンブル依存症の定義自体がグレー(医学的根拠など明確な根拠で依存症を認定 …

”格安”のしわ寄せは、サービス?従業員?

“格安”の海外旅行パックを売りにしていた旅行会社てるみくらぶが破産しました。一般旅行者に対する債務は約3万6,000人に対して100億円以上とみられており、今後、入金済み旅行者を中心として混乱は一層広 …

気になる企業名を入力してください。

倒産,ブラック,不祥事,行政処分,代表逮捕…
気になる企業名を入力してください ↓

気になる企業名を入力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。