就職JYOHO,tenshoku情報

就職・転職の成功は正しい情報入手から < Kawa navi >

危ない会社

安易な多角経営企業にご用心!

投稿日:2017-03-22 更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

“ホームページがない企業”は、最近極めて稀な存在になってきています。ビジュアルや内容にこそ差はあるものの、どの企業も自社のホームページを持っていることが標準となっています。「企業概要」「事業内容」は、ホームページより容易に把握することができます。これは、就職活動中のみなさまにとって非常に心強いことでしょう。

しかし、その中身を見て信頼に値する企業かどうかを判別するのは、少し荷が重いかと思います。どの企業も当然、自社が良く見えるようにホームページを作成しているからです。

特にわかりにくいのが、多くの事業を行っている多角経営企業。色々な分野に進出しており、就職活動中の方向けのメッセージとしては「企業内ベンチャーを立ち上げることができる」「将来、独立することも可能」・・・といったものが並びます。一見、魅力的なのですが、本当にそうでしょうか?近年、経営を多角化させ失敗した企業が選んだビジネスの代表3つは以下の通りです。

  1.  太陽光発電、売電事業
  2.  水関連、レンタルサーバ・〇〇水の輸入
  3.  ケータイ電話販売フランチャイズ

もちろん、しっかりとした経営戦略のなかでこうした事業に進出している企業はなんの問題もありません。しかし、「儲かりそうだから」とか「知り合いの社長のやっているから」といった安易な理由から参入すると、失敗することが多いようです。もしくは、金融機関やリース会社、投資コンサルタントからの勧めで失敗したケースも。

実際に多くの倒産企業を見てきました。都内のレストランチェーンはランチ時はいつも満席、夜は予約でいっぱい・・・にもかかわらず資金ショート。との裏には、スイスアルプス水の輸入販売事業に進出して、その水が全く売れなかったという悲しい現実がありました。

安易な異業種進出は、いままで築き上げてきた資産を食いつぶす可能性があります。多くの事業に進出している企業に魅力を感じたら、なぜ多くの事業を手掛けているかのか、その理由まで調べたいものですね。





-危ない会社

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スポーツエリート校ビジネスモデルが窮地

「生徒数減少に歯止めがかかりません」と嘆くのは地方有名私立高校の事務長。予想通りとはいえ、年々減っていく生徒数を目の当たりにすると、ぼやきの一つも出てくるようです。地方の学校法人の経営が一層厳しいもの …

ブラック企業VS労働基準監督署(下)

労働者の告発が実を結ぶためには こういった労基署の立ち位置を知らずに、労働者が労基署にタレ込んだとしても、社内でタレ込んだ犯人捜しが始まるだけで、何も変わらない可能性が高いと言えます。その上、タレ込ん …

内定承諾する前に…その企業、過去に倒産してませんか?(2017年)

企業には、倒産歴があるという事実を公表する義務はありません。過去、民事再生法や会社更生法の適用を申請し再建を図った企業をみると、一度倒産したという事実をホームページ上で公表している企業もあれば、全く公 …

反社会的勢力データベースは現実的ではない?!

2011年10月1日に東京都で「東京都暴力団排除条例」が施行され、暴力団との取引自体が問題になったことをはじめ、2012年10月30日には組員が不当な要求をすれば直ちに逮捕できることを定めた「改正暴対 …

“ハラスメント”、いくつ認識していますか?

日本国憲法第11条と第13条において、基本的人権は侵すことのできない永久の権利として保障されています。しかし、近年、“ブラック企業”という言葉が流行語になるなど、人権侵害ともとられかねない行為が職場で …

気になる企業名を入力してください。

倒産,ブラック,不祥事,行政処分,代表逮捕…
気になる企業名を入力してください ↓

気になる企業名を入力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。