就職JYOHO,tenshoku情報

就職・転職の成功は正しい情報入手から < Kawa navi >

人材開発

いかりや長介、城島茂、渡辺正行といえば?!

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

プラトンの『国家』マキャベリの『君主論』に代表されるように、リーダーシップは古くから人々の関心事でした。もちろん、時代や環境の変化に伴い、求められるリーダーシップは変化しています。ある調査で「芸能界でリーダーと言えば?」を聞いたところ、いかりや長介城島茂渡辺正行中居正広・・・の名前があがったようです。みなさまはどうお考えになりますか?

1.1940年代以前:特性理論
リーダーシップ論の最も古典的な理論で、「優秀なリーダーには共通する特性がある」という前提に基づくものです。しかし、時間が経つにつれ、個人の特性だけではリーダーシップの理想像を語るうえで不十分という考え方が一般的になりました。

2.1940年代から1960年代:行動理論
リーダーとは生まれ持った特性に基づくものではなく、意識して行動することによって優秀なリーダーになることができるとしたものです。しかし、いかなる状況かでも行動が有効とまでは言い切れないという弱点もありました。

3.1960年代から1980年代:条件適合理論
唯一絶対的なリーダーの理想行動というものは存在せず、組織や集団が置かれた状況に合わせてリーダーは行動すべきだとしたものです。

4.1980年代から現代:変革型リーダーシップ理論
人間の集団心理に着目した組織行動論とリーダーシップのコラボレーションです。

5.1980年代から現代:サーバント・リーダーシップ
リーダーこそ、相手に奉仕して、支援する存在であるとするものです。サーバントは「奉仕者」という意味で、従来のリーダーシップ論とは対照的な理論です。

6.2000年代から現代:オーセンティック・リーダーシップ
リーダーに必要なものは、「倫理観」や「道徳観」、つまり、コーポレートガバナンスを重要視することがリーダーの務めであるというものです。企業の不祥事が次々と表面化する昨今、最も注目されているリーダシップ論と言えるでしょう。

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!





-人材開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゆとり世代VSコーチング

「“教えてもらうのが当たり前”と思っている新入社員が今年は一層多い」と、多くの人事担当者が口を揃えます。「俺の背中を見て育て!」「先輩の真似をしろ!」は、もはや通用しない世の中になってきているというこ …

忙しい現代人のスナックラーニング

みなさまはどのような手段を用いて、知識のインプットを行っているでしょうか?テレビのニュースを見たり、インターネットで検索したり、本や新聞を読んだり・・・。人から聞いて学ぶ、もしくは体験して学ぶことも多 …

事業承継は、経営者がネガティブ連想するから進まない?!

色々な会社にお邪魔して、経営者の方とお話をすると、多くの会社で「事業継承」が話題になります。「自分ももう歳だから、あとを任せる人に会社を任せてのんびりしたい」なんて言う社長は珍しくありません。しかし、 …

最近流行りのコンピテンシーリストとは?!

目標管理等の人事評価制度を導入したはいいものの、うまく運用できず悩んでいる人事担当者は少なくありません。期初に上司と部下でその期の目標について話し合い、双方納得した上で決定した目標の達成を目指し、その …

人は何歳まで勉強しなければならないのか?!

「生涯勉強」という人もいますが、実際、社会人になってから、会社に通勤しながら、何かを勉強しているという人がどれくらいいるのでしょうか。もちろん、業務に必要な資格試験をクリアーするための勉強や、海外との …

気になる企業名を入力してください。

倒産,ブラック,不祥事,行政処分,代表逮捕…
気になる企業名を入力してください ↓

気になる企業名を入力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。