就職JYOHO,tenshoku情報

就職・転職の成功は正しい情報入手から < Kawa navi >

人材開発 制度 新入社員

OJTは誰のため?新入社員?

投稿日:2017-08-14 更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

「On The Job Training」、つまり「OJT」は、現在、多くの企業で取り組まれている、現場における部下や後輩に対する指導のことです。といっても、「OJT」の明確なプログラムを保有している企業は少ないのが現状です。社員教育について、人事部にヒアリングすると「社員教育は現場に任せてますから。OJTですよ、OJT」と言う方が多いので、さらに一言、「どんな指導を実施しているのですか?」と聞くと、「現場に任せてますから・・・」と言います。みなさまの職場ではいかがでしょうか?
OJTを定義するとすれば「現場任せの社員教育」ではなく、「部下や後輩の成長のために、意識的に、かつ計画的に、そして継続的に行う指導」です。多くの企業で取り入れているOJTだからこそ、その認識の差が企業力の差にもなるでしょう。

OJTのルーツは第二次世界大戦後までさかのぼります。当時の連合軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが実施していた「Training Within Industry」、通称「TWI(監督者訓練コース)」が、その原型と言われています。TWIがマッカーサーによってもたらされ、日本政府主導で広められたのです。TWIには4つの要素があります。

  1. 仕事の教え方
  2. 改善の仕方
  3. 人の扱い方
  4. プログラム開発

これらの要素を実践して基本企業の代表格がトヨタで、カイゼンとかカンバンといった有名な手法が生まれました。「作業を要素に分解し、キーポイントを見つけ出し、正しいやり方を繰り返し教える」といった仕事の教え方がその原点です。また、TWIは「新人や未熟練者に対して仕事をどう教えるか」「職場の人間関係をどう作るか」に注目したところも特徴です。

OJTを実施する目的は、対象者の「能力開発」「組織社会化」です。それを実現するためにOJT担当者に求められる能力は、TWIに基づいて考えると「作業を要素に分解する能力」、そして「育成対象者と向き合う能力」ということになります。
気付いた方もいるかと思いますが、実はOJTは、育成対象者を一人前にすることだけが目的ではなく、OJT担当者の能力向上も期待するプログラムです。OJT担当者は、育成対象者への教育を通して、部門業務の効率化を本気で考えたり、業務改善を進めたりする必要がでてきます。ですから、OJTは、意識的に、計画的に、継続的に実施する必要があるのです。

目先の営業数字等に捕らわれ、こうした“本気のOJT”を実施していない企業は、今は良くても、先行きは厳しいかもしれませんね。

 

より良い就業環境を求めて、まずは行動を<PR>








-人材開発, 制度, 新入社員

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

事業承継は、経営者がネガティブ連想するから進まない?!

色々な会社にお邪魔して、経営者の方とお話をすると、多くの会社で「事業継承」が話題になります。「自分ももう歳だから、あとを任せる人に会社を任せてのんびりしたい」なんて言う社長は珍しくありません。しかし、 …

“過去と他人”は変えられなくとも、”未来の自分”は変えられる?!

人材開発に携わる人たちが注目している心理学用語の一つに「ビッグファイブ」というものがあります。「ビッグファイブ」とは、人の性格を説明する著名な理論です。著名といっても、心理学を専攻していた方でない限り …

新入社員に期待していること

4月3日、多くの企業で入社式が行われました。新しく社会人となった新入社員は、経営層をはじめ、色々な人から多くの言葉をもらったと思います。どんな言葉があったでしょうか。先輩方は過去の経験の話、自分が新入 …

ジョブローテーションは必要か?!

年の変わり目、年度の変わり目にジョブローテーションを行う企業は多い。ジョブローテーションをいうと、単なる配置転換と捉える方も多いと思いますが、ジョブローテーションの本質は社員の所属部門を動かすというこ …

東京都最低賃金は生活保護費よりも低い!?

生活保護の現状とは 厚生労働省が5月10日に発表した「被保護者調査(平成29年2月分概数)」によると、平成29年2月時点の生活保護受給者は約214万人と相変わらず過去最高水準を維持しています。これに伴 …

気になる企業名を入力してください。

倒産,ブラック,不祥事,行政処分,代表逮捕…
気になる企業名を入力してください ↓

気になる企業名を入力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。